2018年02月21日

きりきり

 朝から右腕がきりきりするー。痛いって程ではないけど、ちくちく感が続きます。
 疲労の蓄積で、小康状態→徐々に悪化してるように。動かすとやはり厳しい。

 朝は0度付近で、昼は10度超え。寒暖差が大きくなってきました。
 虫が飛ぶ、そして花粉もそろそろ飛ぶ。池の水温が、やや上がったのか、少し鯉に動きが。
 しかし、今季の寒波は植物の被害も大きいかったです。軒下のレモン、葉が9割方枯れた…。
 暖かくなるにつれて顕在化するのもあるので、注意深く観察してきたいところ。
posted by 期都雅和 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月20日

くすりづけ

 分かってはいたけど、寝る前のロキソプロフェンは効きます。
 寝返りで入った時も、「うっ(じーん)」→「なんか痛いな」くらいまで軽減されるし。
 ただまあ、元の薬に加えてアレグラFXも飲んでるので、かなり薬漬けな感。
 やむを得ないところではあります。

 そして、本日夜貼った分で、処方された湿布は全滅しました。
 サイズ大きかったとはいえ、元は2週間分だったので、ずいぶん引き延ばしたものです。
 サロンパスAでは、数日でかぶれるのに比べて、ほぼずっと同じとこ貼っても平気だったし、やはりパップ剤が良い模様。ロキソニンパップ売ってる店はあるけど、高いしどうしようかとは。

 それにしても、眠いです。運転辛い。
 週末、痛みで睡眠の質悪かった影響が、じわじわと。寝てたい。
posted by 期都雅和 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月19日

小康

 右腕は、ややマシな感じに。睡眠の質確保に、ロキソプロフェン投入したのもありますが。
 それにしても、仕事中に身体動かして体温上がると、全体としては血行良くなって調子良いけど、時折患部にピシッと来まして。一息ついたり帰宅した後は、やはり少しダメージある様子。
 結局、負荷かけすぎてもダメだけど、動かさなくても固まるし、バランスが難しい。

 車=ナビ購入からそろそろ3年で、ネットでの更新サービスの期限切れお知らせが。
 地図全更新で21060円、Amazonで売ってる地図ソフト自体も、だいたい同じ値段かー。
 ネットでの更新サービスはデータが限定的で、いまだにうちの周囲はセブンイレブンがなく、全部サンクスだったり。コンビニ情報すら、道案内用の拡大画面のしか更新しないレベル。
 こんなことしてるから、スマホタブレットのナビに負けるんですよ、と。
 まあ現実的には、今回すぐには見送り、1〜2年引っ張ってから、1回は全更新でしょうか。近場で来年供用開始予定の、山越えの新道辺りが反映されてから、更新したいところです。
posted by 期都雅和 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月18日

療養

 天候も良く、剪定に出たかったけど、腕の痛みが続いてるので、やむなく休んでました。
 軽い負荷でもじわじわ痛むし、普通の動作中でも頻繁に痛いとこに入ります。かなり厳しい。
 昼間から湿布、ローションを使う羽目に。安定体勢が少なく、休みづらい。
 節約してきた処方湿布も、もうほとんどなく。冗談抜きで、追加をもらいに病院へ、かも。

 やはり2〜3週間くらい、完全な療養に入りたいところ。
 負荷を限りなく減らしてかないと、たぶん治らないです、これ。

 そういえば、OCNメールはいつIMAPに対応するのだろう、とふと。2月なのか、6月なのか。
 ZenFone3は、Gmailアプリに複数アカウント入れてるけど、切り替えが微妙に使いづらいので、Googleのだけ残して、ドコモメールとOCNメールはK-9 Mailに移したいところ。
 どちらもたまにしか来ないから、急がないけれど。通知不要なら、Webメールでも良いくらい。
posted by 期都雅和 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月17日

悪化

 おおぅ、久しぶりに明確に右上腕が「痛い」です。うっと来る感じ。
 昨夜辺りから調子が悪かったので、昨日までの溜まったものが出たように。
 小康状態で油断したらダメですね。完全に治るまで気を付けねば。

 石灰硫黄合剤を散布しました。天候日程的に、今日をおいて他はない。
 昨年はカイガラムシの発生も少なく、主な標的はコウヤク病で、梅を中心に4Lだけ。減らない。
 いつも農薬を作成する納屋の水道は大破中で、水の確保が面倒でした。やはり必要だなーと。
 風が強く、風を背に散布してましたが、1回読み間違って、霧を浴びました。いつものこと。
 池にあまり入らないようシートを張り、散布後にシートを洗うのが、作業時間の8割。
 池の水は少し青白くなったけど、まあすぐに収まるでしょう。

 納屋裏の桜桃は、毎年コウヤク病が多い木ですが、昨年は少なかったです。
 よくよく考えれば、強め剪定したので、殺菌剤をよく散布したためかと。
 梅は池の脇にあり、魚毒性を考えて控えてるわけで、池以外では殺虫剤殺菌剤を使え、と。
 まあ、石灰硫黄合剤は土の殺菌、中和という面もあるので、上手く併用すれば良いわけで。
posted by 期都雅和 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月16日

ちくちく

 昼頃、職場デスクワークしてたら、右肩付近がちくちくしてきました。
 これまでと違う痛み方なので、たぶんカット描いてた分+デスクワーク分かな、と。
 右腕は全体的に、疲労に対する耐性が落ちてます。治した後、筋トレとかせねば…。

 寒さもやや緩んだし、タイミング的に早く石灰硫黄合剤を撒かなければ、という。
 特には梅(カイガラムシ、コウヤク病)ですが、ふと見ると、足下の福寿草がもう出てる…。
 まあ、シートなどでカバーして撒くので、どうにかこうにか。
 他の果樹の剪定なんかも早く、できれば今すぐに。仕事とかしてる場合ではない(焦り)
posted by 期都雅和 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月15日

挿し換え

 厳しい冬の冷え込みは、とりあえず去ったようなので、本日からアレグラFXを投入。
 このまま行けば良いのですが、まあ3月までは、雪が降る時は降ります。

 ここ数日、どうにか描いてた夏コミ新規カットに、締め切りの間際ながら挿し換えました。
 次はユエルで描こうと思ってるので、カットもそのように。

 それにしても、やはり右上腕が痛いです。
 辛さは、ペン入れ>下描き>仕上げ、かな。仕上げは、単に時間が短かったのもありますが。
 握りの圧力と腕の緊張のせいで、腱の先の上腕に負荷がかかるのは、まあ当然てところ。
 これでも昔よりは、ずいぶん握りが軽くなったんですけどね。それでも。

 ともかくも、まず回復させるのが最優先です。
 最悪の12月や、ずきずき痛んでた1月よりは、だいぶマシにはなってきました。もう少し。
 引きつり系の不快感で、睡眠の質が慢性的に悪いので、その点でも早めにどうにかしたい。
posted by 期都雅和 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月14日

別痛

 晴れました。朝氷点下、昼10度超えです、寒暖差が。
 春一番で花粉がとか、不穏なことを言い始めました。昨日まで大雪だったのに。
 庭の雪は、親が日陰に積んでたため、盛大に溶け残ってます。なぜそこに積むのか。

 どうも右腕、違う箇所が痛いなーと思うも、どう考えてもカット絵を描いてたからです。
 やはり作業中、右肘が浮いてると、上腕から肩にかけて負荷がかかるようで。
 椅子の肘掛け調節しても、マウスやキーボード作業と違って、肘を常時付けてるのは難しいところ。椅子を机にぴったり付ければ、まだマシなのですが、足下に荷物が…。整理整頓をしたい。
 さらには、可動式肘置きだとか、肘置きスペースのある机とか、あれば良いのだけど。
 或いは、絵の描き方や、描いてる時の姿勢そのものを変えるか。

 ついでに左腕も怠くて、通勤時の運転がたいへん辛いです。
 同じルートなんだから、自動で運転してくれよ、と思ってしまいます。
posted by 期都雅和 at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月13日

積雪

 朝起きたら、今季で一番積もってました。10数cm。
 全然固まってなくて、細かい雪の粒子がぱらぱら。積もって間もない感じ。
 車の雪を下ろした時も、バサッバサッと粉が落ちる感覚でした。

 おかげさまで、午前の仕事が飛びまして、昼に出勤。
 うちの前は真っ白だけど、国道は溶けてました。
 しかし、それでも怖がる鈍足車に、ずっと先導されて、ギリギリ到着に。

 帰宅する頃には、だいぶ溶けてました。軽く洗車。
 今回の大雪は越えたようですが、あと何回来るのやら。今季は多いですね。 
posted by 期都雅和 at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月12日

くせ

 そこそこ積雪。もう積もったぐらいでは驚かない。
 と思ったら、結構交通機関が乱れてました。まあ、私は家から出ないので。

 こたつで寝てる時に来客、急いで立とうとして、うっかり右腕を突いて悶絶。
 この右側から立とうとするのは、本当に無意識にやってしまいます。何度も何度も。
 とっさの動作だから、一拍おく余裕がないのが辛いところ。回復しない一要因でもあります。

 余裕のできた水道関係の業者が、立て続けに来訪。
 漏れてる疑いの配管は見てもらったけど、継ぎ目からは漏れてない模様。断熱材は湿ってるから、どこかから水が入ってるけど、詳細は不明。メーター回ってないし様子見で、と。
 疑いのまま残りましたが、全部を調べるのも無理だし、これ以上は追求しようがないです。
 納屋の破断した配管は、親戚が時期見てやるって話です、忘れられてなければ良いな。納屋裏の水遣りが必要になる時期までには、どうにかなってないと困るのですが。
posted by 期都雅和 at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記