2020年02月23日

配備

 800円のケースに、1000円の中古2.5HDDを詰めて、親PCのバックアップ用に。
 HGST製320GBで、稼働時間は4000時間弱のエラー等なし、まあまあ。ノートから外した同容量の東芝製と、発売時期や状態も近いので、中身が入ってないこちらを投入しました。
 システムイメージ作成しようとしたらエラー、HDDのセクタサイズの問題らしく。入れ換えるのも手間なので、データファイルだけで良かろうと。大したソフトも入ってないし。

 あと、Win10にしてから互換性アシスタントが「broadcom 802.11n〜」の通知を起動毎に吐き、それが溜まってく不具合があり、分かる限りの対処を全部やってみたけど全滅。
 デバイスマネージャでアンインストールしても、再起動したら復活するのでお手上げ。
 ちなみに、無線LAN機能には問題もなく。なぜ出るのか謎です。
 無線LANボードが刺さってるなら、それ抜いてUSBドングルを別に刺す手もあるけど、どうもノートと同じマザーボードで、オンボードぽい感。物理的にもどうにもならない。
 親も大して気にしてないようなので、もう諦めることにしました。

 500GB HDDをケースに入れて、寝室テレビの録画用に接続。
 余ってる中で一番古く、Cドライブにも使ってたため、稼働時間は3万時間超だけど、今のところ悪いとこもなく、さすがHGST。容量的にPC側で使いにくいので、そちらに。
 回ってると少し振動音がするので、あとでゴムシートとか敷きたいところ。

 Seagateの2TB HDD、再利用できるかもと思ってましたが、よくよく見るとシークエラーやリードエラーがかなり多く、壊れる前兆とも取れる感じ。止めといた方が良さそう。
 先日まで、Dドライブのデータ保管用に使ってたけど、実は危なかったのかも。
 というわけで2TBの生き残りは、親PCから回収したの(代替処理済セクタ1)だけに。他は、3.5が1TBの1つ、2.5が320GBと500GBの1つずつと、微妙に容量不足気味。さて。

 2.5インチHDDの保管用に、ダイソーで食品用の小さいプラ容器を調達。縦横ぴったり。
 3.5インチは専用品を1個買ったのですが、選択肢も少なく、正直お高いので、安く済ませようかなと。埃避けと、大きいケースとかに入れた時の、衝撃保護さえできれば。
posted by 期都雅和 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187194090

この記事へのトラックバック