2018年09月02日

こみトレ32

 参加された方はお疲れさまでした。スペースにお越しいただき、ありがとうございます。

2018090201.jpg
 ほぼ夏コミと同じ配置です。
 二つ折りペーパー『Moonlet for CT32』を発行しましたが、夏コミ発行『同 CM94』の焼き直しです。中身は同じで、裏の文章のみ書き替えですが、その内容もだいたい同じです。
 中途半端に新規絵とか入れても…と。あるのは、冬コミのカットくらいですし。
 ずるずると持ってきてる『ゆるゆり』既刊が、今回また売れたりも。

 最初、机上にチラシが1枚もなく、アンケートが入った封筒のみでした。
 チラシ配布やめた? と思ってたら、後から配りに来たけど、10枚ないくらいでした。

 今回は5号館で、空調効く方でしたが、そもそも気温が高くなく、過ごしやすかったです。
 暑さで削られる体力と気力が、そこそこ残ってた感。毎回こうだと良いですね。

 昨日は普通に遭遇できた和尚ですが、開場までに連絡が付かず、これは来ないな…と。
 毎度のことと諦めてたのですが、13時頃に出現。今回は早い、と非常に低まった基準で。
 おかげさまで、久しぶりに普通に回れました。そこまでじっくりではないですけど。

 イベント外のことなど。

 朝食は、開始すぐに行ったけど、そこそこの混み具合でした。ごった返してたりせず。
 昨日の印象通り、今回は空いてたのでしょうか。いつもこのくらいなら。

 ホテル出る時、改めてタイヤ確認しましたが、問題ないようです。
 →実は大丈夫ではなかったです。必ず点検に行きましょう。
 高速道路の落下物は、ほんとに勘弁願いたいもので。

 前回同様、咲洲トンネル渡るまではひたすら走り、南港北のセブンイレブンで買い物。
 スムーズなので、今後はこのパターンで。
 そして、小銭を減らそうとして、計算違いで逆に増やすミス。

 臨時駐車場が開いててヒヤッとしましたが、入口待ちの車列もなく、駐車場もそんなには。
 普通にそのまま下りて入場しましたが、時間が余ったので、30分くらい寝とくべきでした。
 それにしても、6号館からだとサークル入口遠いです。今回はスペース近かったけれど。

 帰り。
 サクッと片付け、サクッと解散したので、15時20分過ぎには出発。
 と思ったら、駐車場出口が詰まってて、10分超かかりました。途中から料金所が2つになり、流れるようになったけど、イベント終了時間見といて、あらかじめそうしとくとか。
 淀川左岸線から神戸線、神戸山手線から神淡鳴道へ。というルートは、帰りだと経由地指定しなくても、そのまま出してくれるんですよね、ナビ。行きは第二神明行かそうとするのに。

 神戸付近で16時台に入ったのもあり、多少混雑して削られましたが、流れはスムーズに。
 淡路SAに特に用もないし、広くて移動に時間かかるので、今回もスルーして室津PAへ。
 ファミマでサンドイッチを買ってつまんで、素早く再出発。

 淡路の後半では、同県ナンバーの高速車に、ガンガン追い抜かれました。
 私も捕まらない程度に、そこそこ速く走ってるのに。さすが県人、運転が荒い。

 なんとなく、板野IC-藍住IC乗り換えへ。
 鳴門IC以降の車線拡張工事は、ほぼ終わってる模様。高松道はこれで対面通行全解消?
 下道は少し混んでましたが、すぐに徳島道へ乗り換え。

 そこそこ混雑してたので、追い抜かせて後方から追う態勢。前後挟まれるのが辛いです。
 行けるかなと、上板SAなどで休憩せず、そのまま走りましたが、後半かなり眠かった…。
 疲労に加えて、脳内の酸素が足りなくなってくる感じ。
 どうにか耐えて、まだ明るいうちに帰り着けました。3時間弱。これが限界か、という。
posted by 期都雅和 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184315230

この記事へのトラックバック