2018年02月08日

クリティカル

 寒波が過ぎたと油断してたら、色々と凍り付いてました。
 流れが緩いとこながら、池に氷が張ってたり、車のドアを開けると、バリッと言ったり。フロントガラスは、きれいな結晶が。なかなか溶けないので、どうにか走りながら解凍。
 車の温度計は-4度、天気サイト等でも-3度との表示だし、そんなものかと思ってましたが、夕方のローカルニュースや夕刊などで、-7.9度の観測史上最低気温を記録したとか。

 当然ながら、被害がかなり出てました。何日も寒波で冷やされた上に、とどめ刺された感。
 まず、外水道がボロボロ。午後になるまで凍ったままで、気付くのが遅れました。
 入口脇にある水道がだだ漏れ。ここまで雪ざらしで平気だったため、ノーマークでした。
 納屋の建物内の塩ビ配管(断熱材は巻いてない)が、継ぎ目はおろか、高い位置を横に這わせたとこまで、完全に破断して分解してました。元栓は止めてたけど、元栓付近も少し漏れてます。
 あと、家の方にも多少。
 給湯器などに入れるため、一旦外に出てる配管が凍ってて、ぬるま湯かけて復旧したのですが、継ぎ目部分と地面の間に、太い氷柱ができてるし…。水滴が少し滴る程度だけど、ここも。

 馴染みの工務店に連絡したけど案の定、水道業者は出払ってて、全然連絡付かない状態とのこと。早めに都合付けてくれるとのことですが、さて。週末までには、来ると良いな。
 外水道は、全体の元栓でしか止めようがないので、放置です。まあ、大した量ではない、と。
 数年前の大寒波の時もそうでしたが、被害を受ける箇所は決まってるので、冬場は発泡スチロールとかで覆いを作るか、外水道は見た目気にせず、ブルーシートとか巻くべきだな、と切実に。

 一方、小康状態で油断してた右上腕は、職場でコツッと手をぶつけた拍子に、強烈な痛みが走って悶絶しました。何食わぬ顔でトイレに駆け込み、しばらく悶えてたわけです。
 その後、じんわりした痛みが続いてます。結構ダメージを受けた模様です。うーむ。
posted by 期都雅和 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182363072

この記事へのトラックバック