2020年07月01日

水飛沫

 朝夕共に餌やり時、盛大に水飛沫を浴びせられた1日。
 浅瀬に水があると、餌を追って乗り上げ、取って返す時にばしゃっと。そもそも餌が浅瀬に行くのは、最初に水面を跳ね上げて、自分達で周囲に飛ばしてるからなのですが。
 というか、銀鱗プラチナさんが初手で大暴れして、原因の半分を担ってます。元気。

 久しぶりに平日午後が空いたので、何かしようと思うも、結局ダウンして3時間。
 喉の調子は微妙なままで、あと体のあちこちがばきばきと。
 まあ、休みのなかった6月に比べれば、7月は隙間も多いし、なんとか。

 GWにサルベージした、元々植わってた芙蓉と思われる植物は、これまで葉が似てる以外の確定要素がなく、最悪雑草の可能性もありましたが、ようやく小さな花芽が先の方に。
 庭植えの花木は、一旦どれが何か分からなくなると、再同定が難しくなりがち。植えた日本芙蓉とは枝葉の出方が違うので、元のは園芸品種かと思われますが、そこは不明です。
posted by 期都雅和 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記