2020年05月10日

液肥

 紅白の1尾は、金魚の餌の方に来てました、ちらっと。サイズ的には順当かな。
 一方、玉サバの1〜2尾は、鯉に混じって大粒餌に。5倍くらいの鯉に揉まれても。

 液肥を投入、鉢にも花壇にも。シンビジウムは固形肥料に上乗せ、でもまだまだ。
 咲かないかと思ってたカキツバタに、ふと花が咲きました。ノーマークでした。
 クレマチス、芍薬、バラなども咲きほこって、この時期は華やかです。

 シンビジウムのバーク軽石残土の処理に。
 淡々と軽石を拾うだけです、人力。プラケース4.5個のうち、2.5個を片付け。
 軽石は洗って乾燥。雨の当たらない軒下に1年置いとくと、汚れもすべて塵になります。
 バークと根の欠片、小さい軽石の混じった残りは、家の裏のツツジの根元へ。軽石は割れたり削れたりで、徐々に小さくなるけど、捨てるにしても場所を選ぶのが困るところ。
 大きい軽石も減ってきたし、やはり次回はバークのみで植え付けかなぁ。
posted by 期都雅和 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記