2020年03月13日

赤玉

 資材調達へ。アロエ大株の植え替えを見越して、赤玉中粒4袋など。
 なくなったバラの土も。徐々に土が詰まって、下がってくるので、補充用。
 あとバラの肥料、プラ鉢なんかも。割と良いお値段。

 赤玉小粒とバーク堆肥を2対1で混ぜた土で、ぱっと植え換えられるものを。
 イチジク、金のなる木、オカメザクラ、園芸品種アロエ、ハオルチア、ヘデラなど。
 表面の雑草や苔を取り、ざっくり根や土を整理して、大量に混ぜといた土で植えてくので、流れ作業です。肥料も普通化成で適当に。変に工夫するより、育ちが良かったりします。
 一部で駄鉢を使ってましたが、まあ良いかと全部プラ鉢に。軽くなります。
 雑にやっても良いのは終わったので、次は細かいものや調整の必要なとこに。

 それにしても、赤玉がやはり一番手の水分が抜けます。がさがさ。
 今使ってるバーク堆肥が水分やや多めで、混ぜてもだまになるのが困りもの。乾け。

 冬越しを試したサンパチェンスを確認。
 8鉢中7鉢が全滅、根まで枯れてました。一番大きく残した株も、弱く芽が1本だけ。
 暖冬でも簡易温室ではダメかー。年明け頃までは青々としてたけど、その後ばたばたと。
 室内に入れてまで温存するのも手間だし、大人しく新しいの買えという話。
posted by 期都雅和 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記