2020年02月25日

残存

 ふと、手持ちeSATAケースって4TB対応してる? と思って調べたら、2TBまでしか対応してませんでした。これに4TB入れて、C、Dのバックアップ用にする計画が破綻。
 余ってる1、2TBのを活かすことも考えましたが、PCヘの接続機器数を減らしたいので、eSATAケースは撤去、USB3.0に絞ることに。今後の汎用性など考えると、まあ。
 端子は本体ので足りるので、グラボとUSBボードの間に刺してた、eSATAボードも撤去。

 撤去したeSATAケース×2を、他のとまとめて納屋に持って行き、製品箱に入れ直そうとしたところ、どうも片方が重い…1TB HDDが入ってました。ここまで気付かないとは。
 中身は、先月の環境移行時に取ったイメージバックアップ。そのまま忘れてました。
 代替処理済のセクタ5、重要ではない用途に再利用したいところ。

 あと、プラケースの中を見てたら、5インチベイ用リムーバブルケースに、160GB HDDが入ったままでした。壊れた自作PCで使ってたものだから、10数年は経ってるかと。
 中身は、当時のDドライブデータ。特には置いとく必要もないです。
 このケース、フロントパネルあるPC筐体だと使えないので、メーカー製だとないのは稀だし、再利用の当てもなく。で、上記のeSATAケース(前面出し入れ式)を買った流れ。

 残ってたケース(写真バックアップ用)も外して、IDE HDDはすべて倉庫に入れました。あとPCにつながってるのは、写真メイン用eSATA外付けHDDのみ、これも最終的に外れます。
 入れ替わりに、USB3.0ケースを1個だけつなぐことに。
 前は外付けドライブが、平気で5〜6個つながってたので、すっきりしたなーと。
posted by 期都雅和 at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記