2019年07月09日

負傷

 昼は雨が降らなかったので、ツツジ大株の剪定をぱぱっと。
 どちらも背が高くなってるので、すかすかになるのを厭わず強剪定。太枝をばっさり。
 してたら、剪定バサミの持ち手が当たる、親指付け根の皮が剥けました。テーピング巻いて再開したら、今度は薬指の第一関節付近まで。ともかく、テーピング厚貼りで対処して敢行。
 他のツツジサツキは、強剪定する必要はないので、あとは気が向いた時に少しずつ。

 右手はちくちくはしますが、ペンやマウス持つ位置ではないし、他の作業は問題ないです。
 ペンでもそうだけど、ここ2年くらいは腰腕とやられて、ろくに作業とかできてないので、皮膚の各部の装甲が減ってる感、つまり普通の皮膚に戻ってる、と。やってれば厚くもなるでしょう。

 雨は少し降ったけど、谷の水は増えてないし、下流でずっと鳥が餌をついばんでたので、オタマジャクシの放流はやめときました。鳥に餌やってる感じになるし。別に良いんだけども。
posted by 期都雅和 at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記