2019年07月06日

 今年植えたボナンザピーチに、いつの間にか実が生ってて、本日落ちてました、2個。見えにくい奥側だったのと、植えてすぐだし、来た時は花も終わってたので、完全に油断してました。
 少し傷が付いてアリがたかってたけど、そこ以外をつまみ食い。
 皮の剥け方や食感などは、桃そのもの。大きさはスモモと同じか、やや大きい程度。あまり甘くないのは、木が小さいせいか、そもそも品種か。完熟で渋みもなく、ほんとに桃でした。
 ずっしりした実なので、生ってると見栄えは良いですね。来年は気を付けときます。

 シンビジウムの固形肥料を追加、してたら残量が不足。昨日買っとくべきでした。
 ならばと液肥をざばざば、シンビジウム以外にも。今年は元の肥料を多めに施してるので、ここまで追肥はしてないけれど、バラとか新芽の生え替わり期だし、暑くなる前にやっとかねば。
 あと、羽虫毛虫は殺虫剤で防除できてるけれど、甲虫は残留ではあまり死なないので厄介です。根本的には、網でも張らないと防げないけれど、切りがないし。もっと良い手はないものか。

 一旦は見えないくらい濃くなってた池の水が、ここ数日で急速に澄みました。
 前回と合わせて考えると、やはり浄水機掃除のスパンを開けた方が、透明度には良いのかも。
 まあまだ雨と水温などの関係もあるので、また観察をしてきます。
posted by 期都雅和 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記