2019年04月28日

倉庫番

 涼しい、というか肌寒いです。16度はあるけど、10度下がると辛い。
 明日も同程度のようだし、まだ出てるファンヒーターの灯油を燃やしきりたいところ。

 納屋の倉庫の整理に、少しだけ着手。
 本の詰まった段箱が数十箱、雑然と積まれております。法事などのばたばたで運び込まれたため、無駄な空間が多い状況。きちんと詰めていけば、容積的には十分余裕があるはずです。
 しかし、積み直そうにも、動かすスペースが不足気味。最初から計画的にできてれば…。
 とりあえず、奥で少し積み変えましたが、次のスノコを敷くスペースが足りない…。山の手前を一度ずらして、場所確保しないとダメか、と確認したまでが本日。先は長いです。
 岩のように重い箱を動かすので、汗かく気温になる前には、目処を立てたい。

 正直言うと、ここ10年くらいの雑誌などは、破棄しても良いかな、と思わなくも。最初からデータ配信もあるようなものは、後から見ようと思えば、おそらく色々手があるように。
 一方、90年代以前のものは、置いとかないと二度と見れない気も。既に20年超経ってるし。
 と言っても、箱に詰めてると実際には閲覧不能なので、書庫の整備が必要とは。
 要資金。
posted by 期都雅和 at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記